忍者ブログ
小さな水槽で海水魚を飼育してます。
[211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

白点になったクラウン、カクレ、ロックビューティーの経過ですが、
朝になるとちょっと付いていて、昼間に消えるのを繰り返しています。

カクレは朝になっても一つか二つなので心配ないのですが、クラウンとロクは5〜6コとヒレに
ポツポツが消えません。グリーンF・Gは白点には効かないのかな〜?と言うことで
行きつけのショップで仕事の帰りに色々と聞いてみました。

グリーンF・Gは全く白点に効かない訳ではないそうですが、やはり白点には銅治療が早く
いつまでも薬浴させてるよりも魚には負担が少ない、硫酸銅ではなく銅イオンを使えば分量とかも安心。
らしいので初めて銅治療をすることに!

使った薬はコレ



「有機銅剤 Seachem キュプラミン」です。
怖いのは銅の分量で少なければ白点にも効かないし、多ければヤッコ系が銅に弱い・・・
Cuテスターで銅の量をきちっと計った方が安心らしいのですがあいにく在庫が無い。

と、お店で使ってるのを入荷するまで借りられる事になり一安心。

帰って早速30センチキューブに海水を作ってトリタン2号を立ち上げ。
スポイトで計って正確にキュプラミンを3回に分けて添加!

テスター使って計ると・・・・ キレーな緑。。
少なくとも銅濃度が0.25ppmは無いと逆に銅に耐性のある白点になってしまうって教えて貰っていたので、、暫くかき回してから測定。

変わらない・・・
なんだこりゃ?もしかして試薬がおかしい???
水道水を計ってみたら。。。なんと0.1ppmで反応した(笑)
ウチの水道水は絶対に中和させないと珊瑚死ぬな^^;

と、言うことはキュプラミンがおかしい??
もしや??と思いよ〜〜〜く振って沈殿しているのをかき回す。

添加。。。。おお!!0.25ppm!!

もったいないけど海水を捨てて新しくして水合わせ後に魚クンたちを投入〜♪

キュプラミンもさっきの分量を別の容器に入れ海水で薄めて3回に分けて添加。
そして試薬で計ると・・0.25ppm

よっしゃ!銅ショックを起こさないか観察していると、、、
グリーンFに入れてる時より魚達は元気かも^^;

これで5日間治療すれば大抵は治るらしいです。1週間くらい様子を見れば完璧?

ヒコサンやグリーンFは治らない事はないけれど魚に影響がない分量を使えば銅治療が確実だし魚には負担が少ないらしいので(確かに水槽内の魚達はこっちの方が元気かも?)

おまけに、そして、、そして、、ショップに行って凄い物を見せられて・・・
もしかしたら2,3日中にうちの水槽とお店でトレードが成立するかも?(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
治療
銅イオンとか使ったことないので、なんだか難しそうです!でも、kurodyさんならお魚達も安心しているはずです^^
クラウン&ロクちゃん、これで完治してくれるといいですね。
ところでkurodyさんのお宅は一体水槽何台持ってるんですか?(笑)

それと・・・トレードって一体何?!凄い物って?!かなり気になります!!
suama URL 2007/04/12(Thu)21:06:12 編集
suamaさん
銅イオンは硫酸銅をはじめから溶かしてあるので分量とかを間違えないので難しくないです。
粉を溶いてそれの分量を測るとなると、難しいですけど・・

ウチの水槽ですか?淡水の時のやサンプにしてたのがあるので小型はたくさんあります(笑)

トレードは・・・マーシャル産のゴニョゴニョ(爆)
くろでぃ 2007/04/13(Fri)00:41:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク 2
最新コメント
[01/26 二児パパ]
[03/17 くろでぃ]
[03/15 neo]
[03/11 くろでぃ]
[03/11 suama]
[03/10 くろでぃ]
[03/09 taiki]
[03/07 くろでぃ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kurody
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
小さな潮溜まりを
忍者ブログ [PR]